【まとめ】 初心者がまず読むべき おすすめ投資本3選!

スポンサーリンク

まとめ 初心者が読むべきおすすめ投資本3選

みなさん、こんにちは!

たまさんマネーのたまさん(@tamasan_money)です!

 

『投資をはじめたいけど知識がないし、どうしたらいいかわからない!』

『本を読もうと思っても、いろいろありすぎて選べない!』

 

これはまさに投資を始める前の私の心の声です。この記事をみているあなたも、今まさに同じような心境でしょうか?

お金の勉強したときに読んだ、たくさんの本の中から心者向けで読みやすく・勉強なった本を3つ厳選して紹介します。

そして今まで散々興味があってもしてこなかった投資。

今回紹介する本は、筆者が「投資をはじめよう!」と決意した本でもあります。

ぜひ、購入するときの参考にしてみてくださいね!

 

こんな人に向いている本たちです

 

・専門用語をやさしい言葉で説明している本がいい

・そもそも投資をするときの思考、判断、振る舞いがわからない

・短期間でギャンブルのような怖い投資ではなく、長期間安定して資産運用をしたい

・投資もそうだけど、生活に必要なお金の知識も知りたい

 

初心者が読んで投資を決意したおすすめ投資本5選

スポンサーリンク

おすすめ書籍① ズボラでも「投資」ってできますか?

こんな人に向いている

投資・保険・不動産・確定拠出年金のことをしっかり理解できていますか?

「お金」について何も分かっていない初心者が、「金融リテラシー」を知る第一歩としては最適な一冊です。

投資など難しそうなのワードがでてくるとつい敬遠してしまう人や活字が苦手な人でも、登場人物が会話形式で説明してくれるので内容がスッと入ってきます。

FPの高橋さん、お金のことをちゃんと知らないふつーの会社員山田さんの2人が登場するのですすが、まさに山田さんは、初心者の私たちです(笑)

山田さんになったつもりになって読める本です。

お金についてなんとなく生きてきた私たちが、まず何を考え、行動したらよいのかを教えてくれます。

資産運用は「お金を増やす」ことをイメージしがちですが「お金を守ること」です。

というフレーズが頭に残りました。

勉強になったことを5つだけピックアップ

  • 銀行だけに預けているとお金の価値は下がる可能性がある
  • 証券会社や銀行の窓口に行くな!お金のプロではなく、販売のプロ。
  • 保険は損か得かではなく、必要か必要でないかで選ぶ
  • 家を買うということは家賃の前払いをしていることなので資産がプラスになるわけではない
  • 知らないだけで損をしている制度がたくさんある

もくじ

第1章「投資」って、やったほうがいいんですか?
■実体験コラム 山田が、ネット証券でインデックスファンドを買ってみた! 

第2章「掛け捨ての保険」って、もったいないですよね?
■実体験コラム 山田が、今の保険を解約して、掛け捨ての保険医入り直した! 

第3章やっぱり家は、購入したほうが得ですか?
■実体験コラム 山田が、住宅ローンの金利を変動金利から固定金利に変えた! 

第4章 確定拠出年金は得って、ホントですか?
■実体験コラム 山田が、NISAと個人型確定拠出年金に入ってみた! 

スポンサーリンク

おすすめ書籍② お金に強くなる! ハンディ版

こんな人に向いている

おすすめ書籍①『ズボラでも「投資」ってできますか?』がお金を学ぶ導入。

こちらの『お金に強くなる!ハンディ版』はより具体的なお金の基礎知識を48個学ぶことができます。

しかも、ハンディ版!

難しい文字がダラダラと書かれた難しい内容ではありません。

図や絵を使い、ときにはマーカーや太字をうまく使って重要なポイントを学生でもわかるようにかみ砕いてやさしく解説されています。

かといって、内容が物足りないなんてことはありません。より具体的な方法が数多く書かれている濃厚な本です。

お金を増やす(運用)方法については、普通の個人に必要なことはほぼすべて網羅されていると著者も断言しています。

2時間もかからずに読めてしまう本なので導入からの次のステップとしては最適な一冊でしょう。

勉強になったことを5つだけピックアップ

  • お金を適切な場所に置いて、お金でお金を稼がせよう(投資の方法や知識)
  • 「投資」と「投機」の違いを区別してリスクをとる
  • 「生命保険」は原則加入しない。ガン保険は損
  • 公的年金は縮むけどなくならない
  • 手数料の罠に注意。手数料はマイナスリターン!

かなり具体的な運用知識や方法が書かれていて5つでは収まり切れないくらいでした(笑)

たくさん本を買えない人はこれ1冊あればOKなくらい内容が濃い良書です。

もくじ

1章 お金と生活のはなし
■お金との付き合い方

■お金を稼ぐ・増やす

■お金は賢く使う

■借金とは付き合わない

2章 運用のはなし
■運用の基本

■簡単運用術

■確定拠出年金とNISA

3章 運用のリテラシー・考え方
■運用の「常識」ここが間違い

■運用リテラシー

スポンサーリンク

おすすめ書籍③ お金は寝かせて増やしなさい

こんな人に向いているかも

筆者が実践報告で毎月投資結果を報告している投資方法は、この本で書かれていることを実践しています。

投資信託のインデックスファンドに長期・分散・積立投資をしたい方にはおすすめの書籍です。

なぜこの手法が良いのか、初心者の私たちに納得できる説明をしてくれます。

元手100円からできる投資で、かつギャンブルのような危険な投機ではなく、コツコツと安定的に将来の資産を作っていける投資方法なのでやらないにしても絶対知っておくべき内容です。

銀行に同じ金額を積み立てるのと、積立投資をするのとでは結果が大きく変わります。

著者の15年間の投資事例も1年ごとに紹介されています。

どんなニュースが起きるとお金が増えたり、減ったりするのかを疑似体験できます

そして、上下した結果お金はどうなったのか?

それは本を読んでからのお楽しみに。

まったくの初心者でも理解できる言葉で説明がされているのでおすすめの一冊です。

もくじ

コミック 第1話「未来、投資の神様と出会う」

プロローグ 私がたどり着いた「寝かせてお金を増やす方法」
インデックス投資の長期実践者が少ないのはなぜ?
私がインデックス投資をおすすめする理由
銀行や証券会社を信じてはいけない! 

第1章 金融のど素人でもプロと互角以上に叩ける「インデックス投資」
インデックスファンドは「投資信託」の一種
投資信託のメリットとデメリット
投資信託の99%は不要! 
アクティブファンドのほとんどがインデックスに勝てない皮肉な現実
基本はひたすら「積み立て投資」
いざ始めてしまえば、やることはほとんどない! 
なぜ、銀行や証券会社はインデックス投資をすすめないのか?

第2章 寝かせて増やすインデックス投資の実践法
インデックス投資を始める前に最低限しなくてはいけないこと
100年に一度の金融危機のなかでもぐっすり眠ることができた理由
インデックス投資は究極の分散投資
資産配分(アセットアロケーション)がすべての勝敗を決める
最悪の事態が起こったときの損失額を計算する方法
それでも心配な場合はどうすればいいか?
投資すべきインデックスファンドはズバリこの3本! 
あとはひたすら積み立てて寝かせて増やすだけ! 
投資銀行の大物も「インデックス投資の勝利」を認めざるを得なかった

コミック 第2話「堅実貯金派の未来がいよいよインデックス投資を始める! 」

第3章 おすすめの金融機関&口座開設の手順と気になるNISAとiDeCo
インデックス投資に最適な金融機関はズバリここ! 
ネットで完結! 口座開設の7ステップ
「NISA」と「つみたてNISA」はどちらを選択すべきか?
iDeCo(個人型確定拠出年金)はあくまでも「年金」であることを忘れずに! 

第4章 始めるのはカンタンだけど続けるのは意外と難しい
投資は孤独な道のり―なにを信じればいいの?
あとでドッカーンと効いてくる「複利」の力
プロは絶対教えてくれない「インデックス投資を続けるコツ」
「今さら始めるのは……遅い?」と迷っているあなたへ. 
どうしても売りたくなったときにふれるべき言葉
売るに売れない「仕組み」をつくっておく裏ワザ
新しいインデックスファンドが登場したら乗り換えるべき?

コミック 第3話「100年に一度のリーマン・ショックの危機到来! 」

第5章 涙と苦労のインデックス投資家15年実践記
2004年から2016年の投資成績を初公開! 
インデックス投資を15年間実践してわかったこと

第6章 貴重情報! インデックス投資の終わらせかた
インデックス投資の出口戦略に関する情報が少ない理由
「出口戦略」という魔法の言葉の罠
インデックス投資の出口戦略1~3
「リタイア直後に大暴落が来たらすべてが水の泡じゃん! 」という誤解

コミック 最終話「人が幸せを望む限り……」

エピローグ 寝かせて増やすことはつまり人の未来を信じるということ

スポンサーリンク

さいごに

読書の時間

まったくの初心者だったころの筆者が、本を読み漁って厳選したおすすめの3冊です。

今までいかに自分が情弱であったかを思い知りました(笑)

知らないことで損をしたり、生活が苦しくなるなんてばからしいですよね。

 

「あぁ、もっと早く勉強しておけばよかった…」

学生じゃなくなってからも、しっかりと勉強をして知識をつけることの大切さをこの歳になってから痛感…

 

でも、過去には戻れません。

今の年齢からでも、楽しく勉強をして将来をより良いものにしていきます!

人生はまだまだ先は長い!!一緒に這い上がりましょう!!!

それでは、また。

本の紹介
スポンサーリンク
\この記事をシェアする/
たまさんをフォローする
スポンサーリンク
たまさんマネー
タイトルとURLをコピーしました