【初心者向け】やることは3つだけ!仮想通貨取引の始め方

スポンサーリンク

やることは3つだけ!  【初心者向け】仮想通貨取引の始め方

みなさん、こんにちは!

たまさんマネーのたまさん(@tamasan_money)です!

仮想通貨の取引に興味があるけど、何をしたらいいか分からないあなた!

そんな初めての仮想通貨取引を検討している、あなた向けの記事です。

 

この記事で分かること

 

○仮想通貨(暗号資産)を買うまでの3つの手順を時系列で知る

 

○筆者が実際に登録したおすすめ取引所3つ紹介

 

〇初心者が取引を始めるにあたって守るべきルール

 

 

スポンサーリンク

STEP1 口座開設

 仮想通貨 ハードウォレット

まず最初に、仮想通貨を購入ができる取引所または販売所に登録をする必要があります。

 

必要な開設に必要なものリスト

 

・インターネット環境(スマホorパソコン)

・電話番号

・顔写真付き本人確認書類

・メールアドレス

 

これらを用意しておきましょう。

口座開設申込み

まずは、開設したい取引所のサイトから口座開設の申し込みをします。

初心者は、まず国内の取引所が良いと思います。

まずはメールアドレスを登録し、そこに送られてくるメールのURLから本登録を進めます。

本人確認書類の提示

次に、本人確認書類の提示を求められます。

多くの取引所では、写真をネットにアップロードして登録をすることろが多いです。印刷して郵送する手間もないので楽でした。

顔写真付きの身分証明書がない場合は、身分証明書を2点提出を求められる場合もあります。

開設審査

あとは審査を待つのみです。早いと数日で審査が終わります。

私の場合は、3日ほどで審査が終わりました。

そのときの開設申し込みの数でによって前後するでしょう。

口座開設基準の参考例

  • 取引開始時(口座開設時)において満20歳以上であり、かつ、行為能力者であること。
  • 日本国内に居住していること。
  • 本サービスのご利用に際し、当社の仮想通貨サービス利用総合約款及び附属約款の内容にご同意いただけること。
  • 自分でパソコンの操作ができること。
  • 利用可能なメールアドレスを当社に登録し、特別な理由がない限りお客様本人のみの利用とすること。
  • 日本国内の銀行にお客様本人名義の口座をお持ちであること。
  • 当社の推奨するインターネット利用環境が整っていること。
  • 当社の提供する書面の「電子交付サービス」をご利用いただけること。
  • 緊急時に連絡がとれる電話番号、メールアドレスを当社にご登録いただけること。
  • 当社がご提出をお願いするご本人確認書類を含む書類をご提出いただき、
    かつ、お客様の情報を正確に当社にご登録いただけること。
  • 反社会的勢力に属する者でないこと及び反社会的勢力との関係を有しない旨を当社所定の様式によりご確約いただけること。
  • その他当社が定める基準を満たしていること。

  Bitpointから引用

 

口座開設完了のハガキ届く

DMMビットコイン 口座開設 ハガキ

このようなハガキが届きます。

あとはこのハガキに記載されている通り、認証コード・ユーザーID・パスワードなどを打ち込めば口座開設完了です。

スポンサーリンク

STEP2 開設した口座にお金を入金する

 仮想通貨(暗号資産)ATM

あとはこの口座にお金を入金します。振り込み方法は2種類あります。

  • クイック入金
  • 銀行振込

この2つです。

クイック入金

「クイック」。つまりはやく入金が反映される方法です。

コンビニやATMから直接取引所の口座へ入金します。365日24時間いつでも入金することが可能です。

ネットバンキングからもクイック入金ができる場合がありますので開設した取引所のサイトを確認しましょう。

はやく取引を始めたいときには有効です。

クイック入金は振り込み手数料が無料という取引所が多いです。

銀行振込

これは通常の振り込みなので時間によっては翌営業日に振り込み反映されます。

振り込み手数料は基本的に自己負担なので、筆者はクイック入金を利用しています。

スポンサーリンク

STEP3 仮想通貨の購入

入金まで済んだらあとは、実際に買う仮想通貨の種類を選んで注文をします。

指値、逆指値、成行など注文方法が違います。

株の取り引きの経験者であれば、スムーズに取引に入れると思いますが、経験なく始めると最初は戸惑いますがやりながら慣れていきましょう。

 

ここまでが、口座開設から購入までのおおまかな3つの流れです。

スポンサーリンク

どこで口座開設したらいいの?ひとつでいいの?

仮想通貨とカード

1つの取引所ではなくて、2つ以上の口座開設をしましょう!

何をするにしてもリスクは0ではありません。

複数の取引所に仮想通貨を分けておくことでリスクを分散できます。投資の世界では分散することは非常に大切だと言われています。

保有する仮想通貨の種類だけでなく、口座についても複数持っておきましょう!

私は3つ口座開設しました。

取引所は何種類も会社があってどれを口座開設したら良いか、わからないですよね…

実際に私が開設した、初心者におすすめの取引所・販売所を紹介します。

スポンサーリンク

筆者が開設したおすすめ取引所・販売所

 
1位:GMOコイン
 
取り扱い通貨
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • ライトコイン(LTC)
GMOコインは、基本的な手数料が無料・24時間365日のサポートなど初心者でも安心なサービスが整っています。
 
取り扱い通貨も日本で大人気のリップル(XRP)の取引も可能です。
 
GMOコイン 
 
GMOコイン2
 
 
2位:DMMビットコイン
 
DMM Bitcoin
 
取り扱い通貨
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • ネム(XEM)

※現物取引は、ビットコインとイーサリアムのみ。他はレバレッジ取引。

安心の大企業が運営4時間365日のLINEでのカスタマーサポート・現物取引手数料は基本すべて無料など初心にとっても安心な体制がバッチリ!
 
最初は自分が知っている、聞いたことのある会社だったので安心感から口座開設しました。
 
 
3位:Bitbank
 
取り扱い通貨
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(XRP)
  • リップル(XRP)
  • モナコイン(MONA)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
スポンサーリンク

初心者が取引を始めるにあたって守るべきルール

 ビットコインの現物取引

  • 必ず余剰資金でやること
  • 最初は現物取引にすること

この2つだけは守りましょう。

投資に使うお金は生活費などを除いた余剰資金でやりましょう。投資は元本の保証がありません。

生活費を削ったり、借金をしてまでやることは決してないようにしてください。

特にレバレッジ取引は、自分の手元にあるお金以上のお金で投資をすることができますが、負けるときは借金を抱えることになります。

現物取引で自分のお金の範囲内でまずは、始めることをおすすめします。

スポンサーリンク

さいごに

以上の3つのステップを踏むだけで、すぐに取引をはじめることができます。

また仮想通貨業界が盛り上がってくるはずです。

先行者利益を狙える最後だと私は考えています。口座開設だけであれば、無料なのでいつでも状態だけでもつくってみてはいかがでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました