【カルダノADA(エイダ)】New Balance(ニューバランス)とCardanoの提携!ブロックチェーンで偽造品を淘汰!?【仮想通貨】

スポンサーリンク

【カルダノADA(エイダ)】New Balance(ニューバランス)とCardanoの提携!ブロックチェーンで偽造品を淘汰!?

みなさん、こんにちは!

たまさんマネーのたまさん(@tamasan_money)です!

 

2019年9月29日ブルガリアで行われたカルダノ2周年イベントで、

世界的シューズメーカーの『ニューバランス』がカルダノのブロックチェーン(分散台帳)を使うパートナーシップを結ぶことを発表しました。

 

10月中にニューバランスからも公式な発表があるため、詳しいことは言えない」

とカルダノのチャールズ・ホスキンソン氏は発言していて、ニューバランス側の公式発表が待たれます。

 

ニューバランスはカルダノのブロックチェーン技術にどのようなことを期待しているのでしょうか?

スポンサーリンク

ニューバランスの抱える課題:偽造品への対処

ニューバランスは、偽造品が横行していて多額の損害を被っています。

報道によると、昨年ニューバランスは約2500万足もの偽物の靴を没収しているとのことです。

 

1足あたり1万円だとすると、被害額は2500億…。

偽造品によって多くの販売機会を喪失していることになります!

 

世界では、国際商標協会によると昨年偽造により約1.13兆ドルが失われました

偽造への対処は、世界的に求められている技術だといえます。

 

スポンサーリンク

カルダノブロックチェーンを使って本物かを判別できるようになる

 

カルダノ 提携 事例

ブロックチェーンの技術を使うことで、本物であるか確認することが可能になります。

現状では本物かどうか肉眼で確認するなどの方法でしか判別することができませんがブロックチェーンのように改ざんのできない技術を使うことで機械的に証明することができるということです。

これにより、偽造による被害を最小限に抑えることをニューバランスは期待しているのでしょう。

 

スポンサーリンク

それだけじゃない!生産している工場や流通を管理することも可能

チャールズ・ホスキンソン氏は、ブランドの証明だけでなく騙して製造している工場がでないように管理したり、流通過程で不正がないかについてもブロックチェーン技術を使えば可能だと考えています。

 

企業にとって本物と証明できるようになれば、偽造品を排除することができるだけでなく、証明書がついた本物の商品として、高い金額のまま販売することにも繫がります。

 

スポンサーリンク

筆者の考え:世界的な企業がユースケースを作れば広がっていく

カルダノ エイダ 投資 筆者の意見 ブログ

先述したように、偽装品によって役1.13兆ドルの課題を解決できる余地があります。

ヴィトンやグッチなどのハイブランドの被害額も相当なものでしょう。

 

安全性が求められる食品の製造・保管・流通の管理など多種多様な業界からの期待に応えることもできます。

 

世界的なシューズメーカーであるニューバランスで活用されれば、検討する企業が増えていきます。

 

韓国ではゲーム業界で活用のための戦略的パートナーシップを締結しています。

 

ドイツでも活用のための実験が始まっています。

 

モンゴルでは、偽造医薬品の追跡に関して政府と提携しています。

 

エチオピアとは、技術革新省と共同で首都アディスアベバに安全で信頼できる支払い手段を提供するために、新しい仮想通貨を開発することを計画しています。

 
このようにカルダノ(ADA)は、開発だけでなく人材の育成・関係機関・政府・企業の提携をカルダノ財団・IOHK・EMURGOそれぞれの団体が役割分担をし、活動しています。
 
 
開発では、論文を学会で査読してから開発を進めていますし、開発の遅れはありますが、長く安全に使えるよう着実に進められています。

 

公式ウェブサイトでも毎週進捗のレポートも出されていて透明性もあります。

短期ではなく、長期投資に有望なプロジェクトであると判断しバイ&ホールドしています。いわゆるガチホです!

みなさんの参考になれば幸いです。

それでは、また。

スポンサーリンク

カルダノADAの買い方・方法

今現在日本の仮想通貨取引所では扱いはありません。

 

①国内取引所でビットコインまたはイーサリアムを購入

②海外取引所にビットコインまたはイーサリアムを送金

③海外取引所で送金したビットコインまたはイーサリアムでADAを購入

-以下、可能であれば-

④カルダノのダイダロスウォレットまたはヨロイウォレットに送ればもっと安全

 

このような手順で購入することになります。

海外取引所については世界的に有名でセキュリティの高いBinance(バイナンス)がおすすめです。

binance バイナンス

 

画像またはリンクを押して、サイトを見てみてください。

日本語対応はしていませんが、chromeなどのブラウザなら日本語にしてくれる機能がついています。

※この記事は客観的な事実と、筆者の個人的な意見を綴ったブログです。投資は自己判断でお願いします。

タイトルとURLをコピーしました