仮想通貨カルダノADAがステーキング開始を発表!ガチホしているだけでADAを増やすことができる!?ステーキングとは?【ロードマップ第2期シェリー】

スポンサーリンク

カルダノADAがステーキング開始を発表!ガチホしているだけでADAを増やすことができる!?ステーキングとは?

みなさん、こんにちは!

たまさんマネーのたまさん(@tamasan_money)です!

 

IOHK CEOのチャールズ・ホスキンソンは、2019年9月末に行われたブルガリアのカルダノサミットで講演をした際に

 

2019年11月までにインセンティブテストネットを開始する予定であると述べました。

 

ADAホルダーが待ち望んだステーキングが遂に始まろうとしています。

 

またステーキングの開始から、獲得までにタイムラグがあるようなので確認しておきましょう!

 

スポンサーリンク

カルダノADAで開始される『ステーキング』ってなに?

カルダノADAがステーキング開始を発表!ガチホしているだけでADAを増やすことができる!?ステーキングとは?

じらすようですが、まずはステーキングとはどんなことを指すのか説明します。

 

ステーキングとは、ADAを専用のウォレットであるYoroi Wallet(ヨロイウォレット)またはDaedalus Wallet(ダイダロスウォレット)にADAコインを保管をしてロックをすることで銀行の利子のような形で報酬を得ることをいいます。

 

カルダノADAの場合は、ロックされることはなく使うことができるようになる予定です。

 

また自分でステーキングをすると知識も必要で、かつ24時間オンライン状態にしなければいけません。

 

自分で運営が難しければステーキングをしているプールに委任して間接的にステーキングをすることがカルダノADAでは可能になっています。

また、委任をしても委任者が他人のコインを悪用することはできません。

 

カルダノADAが採用しているアルゴリズムは、PoS(Proof Of Stake)です。

 

Posはコインの保有量と保有期間によって報酬が発生する仕組みになっています。

またカルダノは、保有者の偏りがなく分散させるため、

委任先は大きなプールよりも、全体の平均規模のプールに委任するほうが報酬を得られるようです

 

その辺の特徴を踏まえて委任先を決めていく必要がありそうです。

 

報酬額はまだ公式で確定して物は出ていません(2019年10月1日現在)。

が、チャールズ・ホスキンソン氏の発言では、

年3%~12%程度の報酬を予定しているとのことです。個人的には3%程度と考えておくべきだと思っています。

 

これは公式の発表を待ちましょう!

 

銀行に預けるよりも利率は高く、コインの価値の上昇も見込めるのでかなり大きなメリットがありますね!

 

スポンサーリンク

カルダノADAのステーキングのお金ってどこからでるの?

カルダノADAがステーキング開始を発表!ガチホしているだけでADAを増やすことができる!?ステーキングとは?

カルダノエイダのステーキングの費用は、最初の10年間はステーキングのために準備されているコインから支払いされる予定です。

これは初期段階で多くのトランザクションが存在しないことが想定されるためです。

 

10年目以降には、ある程度利用者が増えていることが予想されます。

その時には取引手数料を原資にステーキングの支払いが行われる予定をしているようです。

 

スポンサーリンク

2019年11月にカルダノのステーキングが実質的に開始!

CardanoADA roadmap

 

IOHK CEOのチャールズ・ホスキンソン氏は、2019年9月末にブルガリアのカルダノサミットで講演した際に、11月までにインセンティブテストネットを開始する予定と述べました。

 

つまり、年内に予定していたシェリーへのバージョンアップは完全にはされない、ということです。

ただテストネットという形で11月から、ステーキングの委任を年内に開始するのは確実のようです。

 

つまりステーキングの報酬は2019年11月からカウントされるということです。

 

完全なシェリーアップデートではないが、その一部のステーキング機能がスタートするとうことは実質シェリー実装といえる。

という理屈のようです。

 

個人的には、開発の早さよりも、安全に長く使えることが社会のインフラになるには必要だと思っているのであまり気にしてはいません。

 

スポンサーリンク

シェリーに完全移行し、実際に報酬がウォレットに入るのは2020年第1四半期!

シェリーの完全な実装と、2019年11月から開始されるステーキング報酬が支払われるのはいつなのでしょうか?

 

発表によると2020年の第1四半期の予定になっています。

 

これが行われた段階で、報酬が入ってきます。

 

 

スポンサーリンク

筆者の考え

筆者の考察 考え 意見

本当に楽しみで仕方がありません。

5~10年は長期で保有をする予定なので、とにかくある程度の開発速度を維持しながら、安心して使えるインフラ基盤を作っていることに好感をもっています。

 

それだけ長期保有を予定しているのでステーキングの年利数%を得られるということは、複利の力が働き資産が増加していきます。

 

そして何より1ADAあたりの価値が上昇すればフィアット(法定)通貨以上の資産の向上が期待できます。

 

もちろん社会の情勢によって広まる、広まらないというリスクは他の通貨よりも可能性が高いプロジェクトであると思っています。

 

 

このシャリーでは分散化とステーキングがなされ、いよいよGOGUENの実装に移ります。

GOGUENでは、スマートコントラクトが実装段階に入ります。

ここからがカルダノの本領発揮だと思っているので期待!

 

すでにシェリーと同時進行で開発が進められているので2020年内の予定となっています。

 

すでに政府や企業との連携がされているので、このあたりからユースケースが増えて複利効果のように広まっていくのではないでしょうか?

 

 

筆者は投資信託のインデックス投資、仮想通貨の分散投資、と偏らないようにリスクヘッジはしていますがカルダノについては想いが特に強いので記事にしています(笑)

 

また続報があれば記事にしていきたいと思います。

 

 

それでは、また。

 

※この記事は客観的な事実と、筆者の個人的な意見を綴ったブログです。投資は自己判断でお願いします。

 

スポンサーリンク

カルダノADAの買い方・方法

今現在日本の仮想通貨取引所では扱いはありません。

 

①国内取引所でビットコインまたはイーサリアムを購入

②海外取引所にビットコインまたはイーサリアムを送金

③海外取引所で送金したビットコインまたはイーサリアムでADAを購入

-以下、可能であれば-

④カルダノのダイダロスウォレットまたはヨロイウォレットに送ればもっと安全

 

このような手順で購入することになります。

海外取引所については世界的に有名でセキュリティの高いBinance(バイナンス)がおすすめです。

binance バイナンス

 

画像またはリンクを押して、サイトを見てみてください。

日本語対応はしていませんが、chromeなどのブラウザなら日本語にしてくれる機能がついています。

 

タイトルとURLをコピーしました