【投資・初心者向け】お金を稼ぐための「4つの働き方」とは

スポンサーリンク

 

みなさん、こんにちは!

たまさんマネーのたまさん(@tamasan_money)です!

「あなたは、今どこからお金を得ていますか?」

ほとんどの人は、企業に所属をして毎月お給料をもらっているはずです。

私もそのうちの一人です。

 

ちなみに、

今働いている会社が、潰れたら生活は大丈夫ですか?

お給料が少なくなったら、やっていけますか?

 

こんな質問をされたら少し心配になりますよね。

でも、これは全然あり得る話だと思うんです。

私が、お金のことを勉強しようと狂ったように本を読んでいたときに、目にした質問でした。

その一文を読んでいて、内心ドキっとしてしまいました(笑)

今日は、世の中の働き方、お金の稼ぎ方についてまとめてみます。

スポンサーリンク

お金を稼ぐための4つの働き方

お金の概念について、勉強をしようとして購入したロバート・キヨサキ氏の「金持ち父さん 貧乏父さん 」は、お金に対する姿勢や考え方を学ぶことができてオススメです。

発売されたのは何年も前ですが、今でも改訂版が書店に並ぶなど、多くのひとに支持されている良書です。

投資を始めるにあたって一度は読んでおくと、タメになると思います。

この本では、4つの働き方の分類がしてありました。

従業員

(EMPLOYEE)

ビジネスオーナー

(BUSINESS OWNER)

自営業者

(SELF-EMPLOYED)

投資家

(INVESTER)

出典:「金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラント改訂版

従業員と自営業者は、人生の時間を売ってお金に変えている

左上の従業員は、私のような会社に努めている会社員のことです。

左下の自営業者はその名のとおり、自分で仕事をしている人のことを指します。

この左側の、従業員と自営業者は、自分の人生の時間を売って、お金に変えている人たちです。

会社員であれば、管理職に昇進をして給与を増やそうと頑張ります。

私は、あんまり会社内で偉くなりたくない、ダメ人間です(笑)

または、将来独立して自分の力でバリバリ働きたいと思って、自営業で生きていく方もいます。

それも、とても素晴らしいことですし向上心を持つことが望ましいと筆者も思っています。

だけど、どんなに素晴らしい能力や人柄、才能があっても会社が潰れてしまったり、頑張っていても給与が削減されてしまったらどうでしょうか?

または、思わぬ事故でフルタイムで働くことが難しい体になってしまうことも0ではありません。

ビジネスオーナーや投資家という側面を持つ

先ほどの表の左側だけで、上を目指すのではなく、一部分でも右側の側面を持つことが大切だといいます。

自分の人生の時間をお金に変えるには限界があります。

お金を働かせて、お金を生み出すことが少しでもできればセルフ2馬力の完成です!

 

この本を読んでいて、私はお金もないし勇気もないのでビジネスオーナーという発想はありませんが、投資家として少しでもお金を生み出すことができるようになりたいと思うようになりました。

投資もリスクを減らすために複数の資産に分散して投資をします。

ひとつの投資先だけでは、リスクが高すぎます。

お金を稼ぐことも、会社と自分の体だけに頼ることは限界もあるし、リスクが高い状態といえるのではないか。

お金を生み出す先も、複数もつことでリスクも減り、今より増やす可能性が高まる。

そんな風に、筆者はこの本から考えるようになりました。

スポンサーリンク

元手0円、100円から投資はできる

今は、お金持ちでなくても投資は可能な時代になりました。

政府も「貯蓄」から「投資」をNISA(ニーサ)という制度で後押ししていますし、ネット証券なら低コストで100円から投資をすることが可能です。

大手のSBI証券があれば間違いありません。無料ですので作っておきましょう。

SBI証券の開設はネクシィーズトレードへ

日本では投資に対して、ネガティブな印象を持つ人が多いです。

私もそうでした。

しかし、欧米では子どものうちから投資を始める人も多く、それくらいスタンダードなことです。

インフレになると、現金保有だけでは、実質のお金の価値は下がっていくことになるので、そのリスクを減らすためにも投資家の一面をもってみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

まとめ

考え方についての、記事なのでふわっとしていますがほかの記事では、投資についての話しも随時更新していますので、覗いてみてください。

筆者もまだ始めたばかり。

初心者が、初心者目線で記事を量産していきますので、お楽しみに。

また、筆者が身をもって投資を実践しています。

毎月、数字も公開しながら「投資の実践報告」していますので、そちらも反面教師としてご覧になってみてください。

それではまた!

SBI証券の開設はネクシィーズトレードへ

投資
スポンサーリンク
\この記事をシェアする/
たまさんをフォローする
スポンサーリンク
たまさんマネー
タイトルとURLをコピーしました