【おすすめ】つみたて(積立)NISAとは?メリット・デメリットを解説

スポンサーリンク

みなさん、こんにちは!

たまさんマネーのたまさん(@tamasan_money)です!

 

今回は、私も投資の際に活用している『つみたてNISA』について書いていこうと思います。

「聞いたことはある」という方でも、実際につみたてNISAがどんな制度なのか詳しく知らない人も多いのではないでしょうか。

私も投資をしようと思ったときに、わからずいろいろと調べました。

簡単にまとめてみましたので、参考に少しでもなればうれしいです。

スポンサーリンク

つみたてNISA(ニーサ)とは?

つみたてNISA(少額投資非課税制度)は、投資で得た利益・配当に対してかかる税率20.315%の税金が、非課税0%となる制度です(2018年1月から開始)。特に少額からの長期・積立・分散投資を支援するための制度です。

もちろん条件があります。

最大20年間

投資金額年40万円以内

 

上限額を20年間しっかり使い切ると800万円投資することができます。

通常:利益10万円 ー 税金約2万円 = 手取り約8万円                  
  NISA:利益10万円 ー 税金0円 = 手取り10万円
 

2万円も変わるのか。これが、もっと大きい金額なら…

通常のNISAもありますが、こちらは上限金額が年間120万円と3倍に、しかし期間は5年(合計600万円分)になります。
 
NISAは投資信託だけでなく、株にも投資が可能です。
 
それぞれ投資できる金額やスタイルによって選択が変わるのかもしれませんね。
 
両方の口座を作ることはできません。
1人1口座のみです。
また「NISA」から「つみたてNISA」への移行はできますが、逆はできないようです。
 
簡単に比較表をつくってみました。 (PCって難しい…)
 
 つみたてNISANISA

年間投資上限額

年間40万円(20年800万円)年間120万円(5年600万円)
期間20年

5年

投資可能期間2018年~2037年2014年~2023年
併用不可(1人1口座)
対象者日本在住の20歳以上
対象商品一定の投資信託株・投資信託
ロールオーバーなしあり

 ※ロールオーバーとは、期間終了後に新たに非課税枠に移管し、継続保有ができる制度のことです

スポンサーリンク

 つみたてNISAで買える投資信託ってどんな商品なの?

つみたてNISAでは、国が定めた一定の条件をクリアする投資信託のみと決められています。

金融庁が決めたルールに合格した、低コストかつ長期安定運用に向いている商品が揃っているといえます。

ちなみに、つみたてNISAで買える投資信託の多くがインデックスファンドになっています。

金融庁が定めている条件は以下の内容になります。

  • 販売手数料は0(ノーロード)
  • 信託報酬は一定水準以下(例:国内株のインデックス投信の場合0.5%以下)に限定
  • 顧客一人ひとりに対して、その顧客が過去1年間に負担した信託報酬の概算金額を通知すること
  • 信託契約期間が無期限または20年以上であること
  • 分配頻度が毎月でないこと
  • ヘッジ目的の場合等を除き、デリバティブ取引による運用を行っていこと
                                           (引用:金融庁
スポンサーリンク

 なぜ、つみたてNISAを選んだのか

まず、シンプルにNISAは毎年上限金額120万円で、そんなに投資できるお金がないからです(笑)

私のような一般人に、毎月10万円を投資に回せる人はなかなかできる人は少ないのではないでしょうか?

実家暮らしなら頑張れるような気もしなくもしれませんが…

つみたてNISAであれば毎月約33,333円で、現実的な金額です。

そして私が選択した投資スタイルが、相場の動きを気にしない長期の積み立て投資なので、単純に20年間非課税枠を使えるほうが利益を出す可能性が高いかなーと感じたからです。

個別株で結果を出す自信もないので、暴落などを繰り返しながらも、長期でみると右肩あがりに成長を続けている市場にかけることにしました。

10年、20年、30年とまったく増えることのない銀行に預けるよりも、年間平均3~6%づつ増える投資信託を何十年と積み上げていきます。

インフレのリスクの回避にもなりますし。

ただ、すべての現金を投資に回すのは不安があったので、ある程度は現金も残しています。

スポンサーリンク

非課税の威力が半端ない!シュミレーションしてみた

【条件】

投資金額:33,000円/月

期間:20年間

想定平均利回り:5パーセント(私が5パーセントをポートフォリオを組んでいるため)

その他:つみたてNISA利用、細かい手数料省略

 

最終積立金額13,564,111円
元本7,920,000円
運用益5,644,000円
運用益に対する非課税額 1,128,800円

 

約113万円税金として納めなくてはいけないものが

 

なんと

0円に!

 

すばらしい節税額となりました。

これをみると、このNISAの制度がいかにありがたいものかよくわかります。

そんなメリットばかりのNISA。

本当にデメリットはないのでしょうか?

スポンサーリンク

つみたてNISA・NISAのデメリットとは

 デメリット①:損益計算ができない

NISA口座と他の口座で利益と損失がそれぞれでたときに、相殺することができません。

通常の証券口座同士であれば、利益と損失を相殺した差額に対して課税がされます。

例えば、

 

 

A証券口座で10万円の利益、B証券口座で2万円の損失が出た場合、

10万-2万円=8万円に対して課税されます。

 

 
しかし、

 

A証券口座で10万円の利益、NISA口座で2万円の損失が出た場合、

A証券口座の10万円にそのまま税金がかかってしまい、多く税金を払うことになります。

 

つみたてNISAの口座以外でも、投資をする場合は注意が必要そうですね。

 

 デメリット②:投資先が限定されている

先述したように、投資信託は一定の基準を満たしたものしか買うことができません。

でも、手数料がないものだったり、ある程度初心者でも手を出しやすいものが選定されているのでビギナーな私たちにとってはあまりデメリットはない気がします。

また個別株をしてみたいひとは、つみたてNISAは対象外なのでNISAを利用することになります。

ご自身の投資のスタイルを確認して口座をつくるようにしましょう。

デメリット③:非課税枠の再利用はできない

つみたてNISAでは、年間投資額が40万円です。途中で一部を売却しても、投資枠がその分戻りません。また、その年の枠は、携帯のパケットのように繰り越しはありません!

スポンサーリンク

まとめ

デメリットについても書きましたが、メリットが大きいのは間違いありません。

私は長期・分散・積立による投資を選択をしたのでぴったりの制度でした。

まずは証券会社で口座を開設してみることが第一歩です!

開設するならネット証券が商品も多くて、手数料も安くて絶対におすすめです。

SBI証券を開設しておけば間違いありません。無料で開設できるので口座だけでも持っておきましょう。

開設は、SBI証券の開設はネクシィーズトレードへ

みなさんも、是非活用してみてください。

実際につみたてNISAを年間40万円を20年積立していったときに、どうなっていくのか2019年1月から毎月公開もしていますので、投資をする前にご覧になってみてください。

私も、投資を初めてまだ2ヶ月弱。難しいことはまだまだわかりませんが、自分の体験や勉強したことを自分なりに書いていきますのでどうぞ、よろしくお願いします!

 

 

NISA投資
スポンサーリンク
\この記事をシェアする/
たまさんをフォローする
スポンサーリンク
たまさんマネー
タイトルとURLをコピーしました