投資のリスクとは?ギャンブルで危険って本当なの!?

スポンサーリンク

投資のリスク 危険?不安?

みなさん、こんにちは!

たまさんマネーのたまさん(@tamasan_money)です!

 

本日のテーマはこちら。

 

『 投資のリスク ~投資=ギャンブルって本当?~ 』

 

さっそく本題に入っていきます。

スポンサーリンク

投資ってギャンブルで危険なんでしょ?私達が思いがちな投資のイメージ

「投資はリスクがあって危ないから手を出さないほうがいい。」

 

一度は、耳にしたことがあるフレーズなのではないでしょうか。

どうしても、日本では

「投資はリスクがあって危険」

「ギャンブルだ」

という考え方がだけが先行していて、勉強もしないで詳しく知らないのに決めつけ、投資をしていない人が多いのではないでしょうか?

 

かく言う私も、まったくの無知のときには投資ってなんだか怖いもの、という漠然としたイメージを持っていて、投資を敬遠してきました。

 

しかし、勉強をしていくうちに『危険』『ギャンブル』というイメージはなくなり、今まで大きな機会損失をしていたことに気づかされました。

 

もちろん、投資は元本の保証はありません。

しかし投資は資産が増えるチャンスもあります。知識を付けることでリスクをコントロールし、勝率を高め、負ける確率を下げることもできます。

 

要は、投資のリスクは何なのかちゃんと勉強をして、投資のやり方を学べばいいのです。

 

それをせずに、短期的に儲けようとしたり、生活費をつぎ込むような『投機(ギャンブル)』をしてしまえば、皆さんが思うような危険な行為になるでしょう。

 

扱い方次第なんです結局は。

車だってそうですよね。

正しく使えば、とても便利で人の生活を豊かにしてくれる物。

しかし、使い方を誤れば人の命を奪う鉄の塊と化します。

 

しっかりと知識と技術を学ぶことで、投資は人生を豊かにしてくれます。その第一歩として、『投資におけるリスクとはなにか』について知ることは大事なことです。

 

投資はやらない、という選択肢も自由です。

しかし、やらない理由を人や親の意見だけで決めてはいけません。知識に基づいた判断の上で判断したほうがいいです。

 

投資は自己決定・自己責任で判断すべきです。

 

イメージ・人から言われたからやらないは思考停止です。成長が止まってしまいます。

やる明確な理由

やらない明確な理由

はっきりしていますか?

スポンサーリンク

投資におけるリスクとは 『不確実性のこと』

投資リスク

リスクとは不確実性のことを言います。

言い換えれば自分の予想と違う結果になることです。

 

たとえば、あなたがコンビニの店長だとして来週は猛暑になるから、お弁当の冷やし麺が大量に売れるだろうと予想をして、いつもより多い量を発注をしました。

しかし、蓋を開けてみれば天気も悪く、気温も上がらず、大量に廃棄することになってしまう。

なんてことが近い事例でしょうか?(笑)

 

これがリスク(予想と異なる結果)です。しかし、予想が的中すればいつもより売り上げがでます。これは、リターンといいます。

リターンについては、別の記事で紹介したいと思います。

スポンサーリンク

『リスク』と『危険』は別物!

ちなみに、予想よりも良い結果になったとしても、予想と違う状態になったならそれもリスクです。

リスク=危険ではなく、

リスク=不確実性(予想とは異なる結果)ということを頭に入れておきましょう。

 

リスクと聞くと「危険」「マイナス」「損」というイメージが先行しますがそれは間違いです。

 

危険とは、かなりの確率で良くない結果になることです。

例えばパチンコやスロットなどがそれに近いでしょうか。

 

投資はリスク(不確実性)はありますが、増える可能性も、減る確率もあります。勉強次第でそのリスクをコントロールすることが可能なものなのです。

 

よって投資=危険(ギャンブル)と考えるべきではありません。

 

勉強をしないで投資をしたり、必要なお金を使ってしまうのは「危険」です。

そこは間違えないようにしましょう!

スポンサーリンク

資産運用におけるリスクとは

先ほど、リスクをコンビニ経営で例えました(笑)

 

では、資産運用におけるリスクとはなんでしょうか?

 

それは、価格・価値の変動性です

 

あなたの銀行口座や財布に入っている1万円札は何年後になっても1万円であることには変わりはありません。

変動が小さいことをローリスクといいます。

※銀行の金利が低く、インフレデフレの概念は除いたとして

 

 

しかし株式に関しては、価格は一定ではありません。会社や経済状況によって1株の価格は変動します。

現金に比べて価格の変動性が大きくことを、ミドルリスクまたはハイリスクといいます。

 

資産の種類によってリスクの度合いは変わってきます。

現金・銀行預金・株式・投資信託・債権・仮想通貨(暗号資産)・金etc

 

これらを組み合わせてリスクをコントロールします。この組み合わせることをアセットアロケーションといいます。

そして組みあせた布陣のことをポートフォリオといいます。

選手をうまく扱う監督のようなイメージでしょうか?

 

投資をするうえでは、よく出てくる言葉なので覚えておきましょう。

スポンサーリンク

筆者は投資についてこう考えた!

 

筆者の考察 考え 意見昭和の時代は銀行口座にお金を預けたときの金利が5~7%の時代もありました。

不動産価格も上昇し、ローンを組んででも買うことで資産になり得ました。

給与だって年功序列で上がっていくし、終身雇用で老後まで確約されている風潮がありました。退職時には、高額の退職金が用意されています。

投資なんかしなくても、保険・銀行預金・不動産購入で良かった時代でしたが、今はむしろ逆ではないでしょうか?

 

終身雇用が難しくなり、給与も上がらなくなりました(なんなら可処分所得ダウン)。

不動産価格も人口減少から下落の可能性が高い。

退職金もカット、社会保障制度も目減りするでしょう。

 

今は投資や、副業をして収入源を増やさなければお金持ちになることはできません。知識があり、高所得の層ほど投資をしているというデータもあります。

 

このように勉強を進めていくについれて、不安な気持ちがなくなり、投資に前向きに考えられるようになりました。

 

投資に対する悪いイメージがあっただけでなく、結局は「無知」「不勉強」が原因で先行きが見えず不安になっていただけだったようです。

 

大人になってからも常に勉強が必要なんだと真剣に考えるようになってから、読書の量も自然と増えていきました。

 

 

いろんな意見はあると思いますが、あなたはどのように考えますか?

これを機会に考えてみてください。

 

今回は投資のリスクについて説明をしてきました。

少しイメージすることができたでしょうか?

また次回、リターンについての記事も書いていこうと思います。

それでは、また。

リスク・リターン投資
スポンサーリンク
\この記事をシェアする/
たまさんをフォローする
スポンサーリンク
たまさんマネー
タイトルとURLをコピーしました