【ロジカルシンキング】人生・経済・投資の見方『鳥になれ!』【ミクロ・マクロ】

スポンサーリンク

【ロジカルシンキング】人生・経済・投資の見方『鳥になれ!』ミクロマクロ

みなさん、こんにちは。

たまさんマネーのたまさん(@tamasan_money)です!

 

人生・仕事・投資・経済をどのように見ていますか?

今回は物事の捉え方についてのひとつの考えを記事にしておきます。

 

みなさん、『鳥になってください』!笑

 

こんな人に向けた記事
  • 投資の初心者でどのように経済を見たらよいかわからない
  • 仕事の進め方がうまくいなかい。いい方法を知りたい。
  • 今後のライフプランを考えていいけど考え方がわからないetc

 

スポンサーリンク

【結論】鳥が空から地上を見渡すように物事を捉えよう

【ロジカルシンキング】人生・経済・投資の見方『鳥になれ!』ミクロマクロ

鳥になるというのは、『鳥が空から地上を見渡すように物事を捉える』ということです。

人間は自分の目線から見えること、目の前のことに意識があるので視野がせまくなっていることが多いのです。

狭い範囲にしか視野がないと周囲の状況がわからないですし、解決法も、メリットもデメリットも判断できません。

鳥のように空を飛んでフィールド全体を見渡すように視野を広げたらどうでしょうか?

餌のある場所、天敵がいる場所、その中でも確率が高い方法を吟味してよりベストに近い選択ができるようになります。

これが地上にいながら目の前の餌を食べる方法を一生懸命考えて行動していても近くに天敵がいてやられてしまうかもしれません。

もっと良い餌とリスクの少ない狩場があっても視野が狭くなっていると気付かないのです。

スポンサーリンク

例:仕事を鳥になって取り組んでみる方法(マクロ・ミクロの視点)

仕事に置き換えるとどうでしょうか。

あなたは仕事に追われています。しかも、複数のタスクがあって言われた順番に取り掛かっていますがなかなか進みません。

ふと思い出しました。

明日は会議で資料をつくらなければいけないことを思い出しました。

会議資料を作っている間に仕事はたまっていきます。

 

このように場当たり的に対応・行動するとうまくいきません。

場当たり的→鳥の例でいえば地上。ミクロ的な視点になります。

 

しかし空を飛んで視野を広げる。つまりマクロ的な思考に変えてみると効率よく行動することができます。

 

月末や月初など節目に一定期間の仕事を確認します。ToDoリストを作成するのも良い手段だと思います。

そこから締め切り、仕事量、難易度、社外、社外などいろいろな要素から優先順位をしっかりつけます。

 

突発で仕事が入る仕事なのであればそれを想定外に対応できるスケジュールを組んでいきます。余裕を作る、予備日を儲ける、多めに見積もる等作戦を考えます。

 

かなりきついのであれば隙間時間を有効活用するというのも一つの手段かもしれません。

 

 

いかがでしょうか?

 

地上にいてミクロな視点だけで勝負をしていると、気付いた時にはがむしゃらにやるしかありません。しかも、効率悪く。

 

空を飛んで全体を見渡すマクロな視点を予め持っていると、時間があるうちに事前にある程度対策が打てるのです。

 

私もわかっていてもできないときもあります。失敗をしているときはやはり甘く見積もっているか、場当たり的な仕事をしているときが圧倒的に多いです。

 

飲食店でもよくいいますよね。

『その日の売り上げは、段取りがその日の80%を決める』という話しもよく聞きます。

※人がたくさんくるお店の場合です

 

いくら売りたくて、いくら過去に売れていて、どれくらい人がいて、1ヵ月の経費はetc

 

それを踏まえて対策を打つことで効率よく・クオリティを落とさずに食事を提供します。

 

『マクロに考えて、ミクロに展開していく』

 

これが重要です。

 

これは短期・中期・長期にも応用可能です。

1日、1週間、1ヵ月、3か月、6ヵ月、1年、10年と様々な時間軸に置き換えることで能率が上がるのです。

 

スポンサーリンク

就職・転職・投資・人生だって同じ

【ロジカルシンキング】人生・経済・投資の見方『鳥になれ!』ミクロマクロ

すべて同じ思考を応用することができます。

就職・転職であれば自分の人生を長い時間軸で考えて必要なお金・キャリアプランを割り出します。

それに見合った条件の会社を選んでいくことになりますし、その業界の将来性を会社の業績の推移や規模だけをみるのではなく、今後の技術革新、国内国外の競合企業の動向をみる、世界の流れをみて将来性を検討することでより具体的に検討できます。

 

そのためにはミクロ・マクロなのかという視点と、情報収集が大切です。

 

読書、国家機関等の統計、読書、新聞、今の時代であればネットでも無料で質の高い情報がたくさん出回っています。

 

そのためにも情報をアウトリーチで取りに行き、必要な情報を見抜く力が重要になってきています。

 

現状に不満があっても、うまくいなかくても状況は変わりません。積極的に行動して、考えてお互い頑張ってより良い生活になるよう頑張っていきましょう!

 

一つの考え方として今回は

ロジカルシンキング(論理的思考)『マクロ視点・ミクロ視点』についてお話ししました。

それではまた。

自己啓発・仕事論
スポンサーリンク
\この記事をシェアする/
たまさんをフォローする
スポンサーリンク
たまさんマネー
タイトルとURLをコピーしました