【実例公開】普通車の維持費は年間いくら?もう車を手放します!【シュミレーション】

スポンサーリンク

【実例公開】普通車の維持費は年間いくら?もう車を手放します!【シュミレーション】

みなさん、こんにちは。

たまさんマネーのたまさん(@tamasan_money)です!

 

今回は、筆者が所有している車の年間支払い額を公開したいと思います。

 

こんな疑問を解決する記事です
  • 車の維持費が年間いくらかかるか知りたい
  • 自分の車の維持費が安いのか、高いのかを比べたい
  • 都市部で車を所有するメリット・デメリットを知りたい
  • 車が家計を圧迫してるけど手放すと不便が心配

 

それでは、さっそく本題に移りましょう。

 

スポンサーリンク

筆者が車を所有している状況

年齢30代
性別
車の種別普通車
排気量1500㏄-2000㏄クラス
車両保険あり
駐車場近隣の月極駐車場
通勤利用なし
ローン5年(180万円)
エリア都市部

 

わたしが車を持っている状況は上記のとおりです。

車はローンを利用。

駐車場のない賃貸物件に住んでいるので近隣の月極駐車場を契約しています。

 

エリアは、都市部。

電車やバスもある程度発達していて、車がなければいけないエリアではありません。単純にドライブが好きで購入しました!

 

  • 年間いくら車の維持費を支払っているのか
  • なくても生活できるエリアで車を持つメリットとデメリット
  • お金の勉強を始めてから起きた車に対する考え方の変化

 

このあたりを語っていきます。

 

スポンサーリンク

車の維持費に年間いくら支払っているのか大公開!

車の維持費 シュミレーション 例

項目年間支払額(約)
車のローン(毎月約1.5万円)180,000円
車のローン(ボーナス月約9万円/年2回)180,000円
月極駐車場(月1.2万円)※都市部では安い144,000円
ガソリン代(約毎月1万円)120,000円
自動車税(年1回)39,800円
車検(2年に1回)60,000円(2年に1回12万のため)
メンテナンス費用(オイルなど各種)40,000円
任意保険(車両保険なし)28,000円
合計791,800円
合計(車ローン除外した場合)431,800円

 

今の支払はこんなところでしょうか。

分かってはいましたが、あたらめて数字に書き起こしてみると狂気的な値段を支払ってますね(笑)

※消費税10%に合わせて自動車税は2020年から3000円程度安くなる予定です

 

お金貯まらねぇ…

 

メンテナンス費用についてはかなり抑えているほうだと思います。

ドレスアップする方は、かなりの値段かかるので無理をしているか、お金持ちでなければやってられません(笑)

 

古い車を中古で購入して修繕が必要になったり、大きな事故や故障が起きたりすればここから爆発的に支出は伸びると思ってください!

 

車両保険についても最初の3年くらいは車両保険も付けていました。その時の保険料は年間45,000円程度支払っていました。

 

年齢がもう少し高く、ゴールドカードなどであればもう少し安く抑えられるでしょう。

 

あ、ちなみに「コインパーキング代」「高速料金」入っていないですからね?(笑)

 

これらも結構バカになりません…

 

都市部だと車を少し止めるだけで500円、1000円、とお金をとられます。

 

高速料金だって県を2つとか挟むと2000円、3000円かかります。あ、ちなみに片道ですよ?

 

それを考えると、都市部で車を所有するということは年間少なくとも50万円はかかることを覚悟したほうがいいと思います。

 

スポンサーリンク

都市部で車を持つメリット

車 メリット

通勤が快適でストレスが少ない

私は基本電車での通勤ですが、たまに車で出勤します。

何より満員電車にぎゅーぎゅーに詰め込まれて立っているストレスがないことがメリットだと思います。

 

そしてエアコンで快適、座れる、運転自体が好き、社内カラオケ大会などメリットはたくさん!

 

出かける範囲・趣味の幅が広がる

行動範囲が広がります。

駅から遠い場所、ストレス解消に海や山に夜景ドライブなど自分の趣味もかなり充実しますね!

 

アウトドア好きな人は最高!

広い車なら車中泊しながら一人旅みたいなこともできます。恋人や友人とのお出かけのときには行き先が無限大。

 

災害などの緊急時の移動手段・電源として使える

タクシーを待たずに夜中の急な病気、用事、災害のときに寝床に使ったり、病院に行ったりすることもできます。

また災害時はシガーソケットからスマホの充電が可能です。車の種類によってはコンセントやUSBが備わっている車種も増えています。

 

いつでも自由に使える

レンタカーやタクシーと違って自分だけの車です。

荷物も入れっぱなしでも、エクステリア、インテリアともに自分の好きなようにいじってもよし!

いつでも自由に使えるのは大きなメリットです。

「自分の車」という愛着も湧きます。

 

スポンサーリンク

都市部で車を持つデメリット

車の維持には、とにかくお金がかかる(笑)

上記記載のとおり都市部での車所有はかなりお金がかかります。

年間50万円を10年続けたら500万円!

 

お金のだけのことだけを考えるとかなり無駄遣い。電車、バス、タクシーなどの交通網が発達していればなくてもなんとはなります。

おまけに駐車場は高いです。都心だと3~5万円とか平気でかかりますい、少し離れた都市部でも

1~2万円程度はかかります。

 

次のデメリットは…

…ないですね(笑)

とにかくお金がかかる以外はメリットが大きい気がしますが、お金のデメリットが非常に大きすぎる!

 

これから終身雇用も崩れて、収入も右肩上がりを見込めない、長生きする可能性も考えるとお金が貯蓄できるレベルの収入がないのであれば、都市部は車を無理して持つ必要はないように思います。

 

(筆者は車を持っているのでドライブ大好きです)

 

スポンサーリンク

筆者がマネーリテラシーを学んで車への気持ちに変化が…

知識 勉強 人生 金融 リテラシー

マネーリテラシーを身に付けるために年間100冊ペースで読書などを通じて学習してきました。

 

車や家に対する考え方が変わってきました。

「資産」になるのか「負債」になるのか。そういう基準で物事を考えるようになりました。

 

また自分の収入に対してどのようにお金をつかっているのかもよく考えるようになりました。

お金が貯まらないのは年収が上がらないからではなく、使い方をしっかり把握していないからだということにも気付きました(笑)

固定費とか本当にボディーブローのように家計を圧迫してるんです。

 

んでもって、今回の車の維持費の公開の表のようにお金の出入りを可視化することで自分自身を客観視することができるんです!

 

 

「車が大好き」「生活を豊かにしてくれる」「満足感」といったお金ではないプラスレスな部分で納得して所有するのは大いにありだと思っています!

現状の私もそうだから。お金を払ってでもそれを得たいかどうかです。

 

スポンサーリンク

車必要な時は迷わずタクシー・レンタカー・カーシェア使えばよくない?

私が住む都市部では、バス・電車・タクシーが日付変わる時間になっても走っています。

 

本当な必要なときは躊躇わずにタクシー使っても今車に支払っている、年間50万~80万円になるのかな?という疑問が湧いています。

 

私の場合は絶対いかないと思います(笑)

 

どうしても自由に使いたいときはレンタカー・カーシェアが都市部は発達しているのでそれを利用すればいいのかなと考えています。

 

わたしはあっても月2回の遠出、短時間の利用が数回程度の頻度です。

月に3万円分使ったとしても年間36万円。

 

確実にお金的には安上がりです。

 

レンタカー・カーシェアは時期によっては高く、予約もとりにくいですがそういう時は私は遠出しません(笑)

タクシーは少し待てばくるでしょう。

 

スポンサーリンク

年度内に車を手放す計画を立てています!

車 手放す 売る

というわけで、もう少し検討を続けて覆すものがなければ車を手放そうかと思っています。

 

簡単な移動について50ccまたは125ccのバイクを中古で買おうかな(笑)

 

お金が浮けば当然それは「浪費」してしまうのではなく、「投資」と「貯蓄」に回して将来に活かしていきたいと思います!

 

いろいろな考え方や、状況があると思います。みなさんはどのように考えますか?

正解は人それぞれ。一度考えてみるのもおもしろいかもしれません。

 

それでは、また。

タイトルとURLをコピーしました