【元社員が語る】賃貸物件を借りるときの入居審査はここをみる!

スポンサーリンク

【元社員が語る】賃貸物件を借りるときの入居審査はここをみる!

みなさん、こんにちは!

たまさんマネーのたまさん(@tamasan_money)です!

 

今回のテーマは『賃貸物件の入居審査』です。

 

賃貸物件を見に行って入居したいお部屋が決まったら、いよいよ申し込み。

しかし、すぐに契約できるわけではありません。

不動産会社を通して、大家さんの『入居審査』を受ける必要があるんです。

審査に落ちてしまうと入居の意思があっても、お部屋さがしは振り出しに…

 

お部屋を借りるときの審査って何をチェックされるんだろう?

審査に通らなかったらどうしよう…

 

心配だ…

そんな疑問や不安を、元不動産会社勤務の筆者が経験を元に解決していきます。

 

この記事でわかること

 

・入居審査に必要な書類

・チェックされるポイント

・審査に通りやすい人、通りにくい人

 

スポンサーリンク

入居審査はなぜ必要なのか

賃貸お部屋

入居審査ってなぜ必要なのでしょうか?

ざっくり言ってしまうと『家賃を払える能力があるか』を確認するためにやっています。

それ以外にも、入居後のトラブルがなさそうか、他にリスクはないかを大家さんは知りたいのです。

大家さんも、生活がかかっています。

家賃がちゃんと支払われなかったり、近隣トラブルが起きたり。

これらのリスクは、大家さんが一番避けたいトラブルです。

 

トラブルが、起きないか心配…

スポンサーリンク

入居審査に必要な書類リスト

入居審査をするには申込書の記入と必要書類の提出があります。

一律で同じ書類を求められるとは限られませんが、基本的に必要な書類をまとめてあります。

【個人契約】会社員の場合

  1. 身分証明書(顔写真付かつ現住所記載のものを両面)
  2. 在職証明書(健康保険証・社員証など両面)
  3. 収入証明書(直近3ヵ月分の給与明細または源泉徴収票)
  4. 申込書の記入

身分証明書は、現住所記載のものを求められることが多いです。保険証の裏に手書きしているようなものは認められないこともあります。

もし持っていない場合は、ライフライン(電気・ガス・水道)の領収書や住民票で代用できる場合もあるので相談しましょう!

【個人契約】フリーランス・個人事業主の場合

残念ですが、フリーランスと個人事業主は、会社員よりも審査が厳しいのが現状です。

ある程度収入があったとしても、企業よりも仕事や収入の安定感がないと判断されてしまうことがあります。

審査に通らないという事例も多くあったのでその可能性があるという前提で動きましょう!

  1. 身分証明書(顔写真付かつ現住所記載のもの両面)
  2. 健康保険証(両面)
  3. 収入証明書(確定申告書3期分)
  4. 申込書の記入

収入証明書は厳しいと確定申告書の3期分を提出を求められるだけでなく、通帳の表紙と最終ページ(残高)のコピーを求められることもありました。

フリーランスにとっては、家を借りるときに壁にぶつかったという話しをよく聞きます。

これからフリーランスになる予定のある人はなる前に借りておくのがいいかもしれません。

法人契約の場合

  1. 会社概要(公式サイトがあれば不必要)
  2. 会社謄本(発行3か月以内)
  3. 決算書(3期分)
  4. 入居者の身分証明書(顔写真付かつ現住所記載のもの両面)
  5. 入居者の在職証明書
  6. 申込書の記入

法人契約の場合は、基本的に上記書類が必要になります。

大手企業の場合は専用の部署が直接やりとりすることも多いので、その場合は担当部署に投げてしまえば後の細かいやりとりは会社がしてくれるはずです。

法人契約は社内の稟議があるなど、通常の契約よりも時間が長くかかることが多いため早めに動き出すといいですよ!

スポンサーリンク

審査でみられるポイント・条件

お部屋の手続き

審査は2か所で行われる場合があります。

1つめは大家さんの審査

2つめは、保障会社の審査(連帯保証人を保障会社にしなければいけない場合)

この2つです。

それぞれ申込書がありますが、書く内容はだいたい同じです。

保証会社の審査は会社として保障できるかをしっかりみられます。

より厳しい保障会社の審査が通るならそれだけで大家さんはOK、という方も多かったですね。

信販系の保障会社(例:エポス・オリコ・アプラスなど)は個人信用情報センターで過去の借入や返済実績、現在の借入情報を調べることができる会社なのでブラックの人は審査になかなか通りません

過去にお金のトラブルのある方は、部屋探しが難航します。

さっそく審査でチェックされるポイントを解説していきます。

職業

どんな仕事をしているかは絶対みられます。

大手企業社員・公務員は、収入や将来の仕事が安定しているとみなされ審査に圧倒的に有利です。

先述したように、お金のトラブルがあって履歴に残っている人は信販系の保証会社だと落ちる場合もありますので注意してください。

 

次にフリーランス・個人事業主・自営業の方々。

決算報告書の提出(3期分が多かったです)を求められ、収入をしっかりみられます。

収入があっても、仕事や収入が不安定なことを理由に断られてしまうことも多くありました。

収入がある程度あってもです…。きびしい…

会社勤めのように安定した収入があると「家賃を滞納しないで払ってくれるだろう」と安心してもらいやすい現実があります。

あとは、節税対策で年収を抑えてしまっている人。これもいくら説明をしたところで落とされる確率が高いでしょう。

交渉を重ねて、通帳の残高最終ページの提出で審査をなんとか通したこともありますがこれは相手方次第です。

雇用形態

いくら、大手企業や・公官庁で働いているからといって正規職員でないと厳しくみられます。

正社員>派遣社員>アルバイト

このような順番で審査に通りやすいです。

勤続年数(就職前の場合)

おおよそ1年以内だと厳しくみられやすい印象です。

学生で就職する前の状態でお部屋を借りようとすると、

内定通知書

の提出を求められますので、捨てないでとっておきましょう!

「捨ててしまった」「なくしてしまった」という人いるんです(笑)

せっかくの記念なのでとっておきましょう!!

年齢

未成年の場合は、親権者の承諾が必要な場合。

契約者を親で、入居者が未成年者という場合もあります

大学生が上京してくる等のパターンはこれが多いです。

あとは、あまりに高齢の方は断られる場合があります。

収入だけでなく、お部屋で亡くなってしまえば自己物件になるリスクを家主さんが抱えなければいけないからです。

今後、高齢者が増えていくことが予想されています。

持ち家がない、高齢者が増加するのは間違いないので政府が対策をしていくのか個人的には注目しています。

年収

当たり前ですが、借りる人の収入から家賃を払いますので年収をみます。

あまりに、無謀な金額だと落ちます。

よく「毎月の給与の30%以内までが目安」といいますが、あくまで目安で絶対の数字ではありません。

審査が通るからといって、

給与の30%フルマックスの家賃でお部屋を借りる=大丈夫という思考は危険です

不動産会社や保証会社は、契約後の生活までは保障してくれません。

審査が通るだけで、今後の生活に余裕をもてるかは別問題です。

不動産会社の方に、急かされても勢いで決めずに冷静にシュミレーションをしてください。

貯蓄もできる範囲にしておきましょう!

そうやって家賃貧乏になっていく人が多かったです。

連帯保証人

保証人をつける場合は、保証人も雇用形態、勤務先、年収なども同じようにみられます。

それと、電話で保証人になるかの意思確認があります。

名前だけ勝手に書いておくことはできませんでの、絶対にしないでください!

契約時には、実印の捺印印鑑証明書の提出も必要になります。

緊急連絡先(保証会社を使う場合)

保証会社を使う場合でも、親族で緊急連絡先は登録しなくてはいけません

必要なのは、

名前

住所

生年月日

勤務先名

勤務先電話番号

電話番号(電話で意思確認をする場合もあり)

家賃の支払いを求められることはありませんが、何かあった場合に連絡はいきます。

保証会社を使えば、まったく家族の連絡先を伝えなくていいわけではないので注意してください。

スポンサーリンク

最後に

ブレイク

少し審査の見通しがついたでしょうか?

引っ越しは人生の中で、たくさん経験するものではありません。

慣れない手続きで大変だとは思いますが、引っ越しは生活に大きな影響を与えるので慎重に行動・判断をしてましょう。

審査が通ったらいよいよ引っ越し業者の手配です。

引っ越し料金を安くするコツは、複数社見積もりをとって比較することです。

しかし普通の一括見積もりサイトだと、電話がものすごく来て大変なことになります(笑)

ここだとそんなことなくスムーズに最安の引っ越し屋さんが見つかるので活用してみてください。

嵐のような電話攻撃を受けない引越し見積もりサイト【引越しラクっとNAVI】

たまさんマネーでは、賃貸物件についての記事をほかにも書いています。ぜひ、チェックしてください。

お部屋探しならキャッシュバック賃貸DOOR賃貸がおすすめです!

スーモなどの大手サイトの物件も網羅しているので、キャッシュバック賃貸DOOR賃貸を通して問い合わせをしてお部屋が決まればお金がキャッシュバックされて引っ越し代に充てることができます!

新居のインターネット環境を調べて最安値を一発で確認:新規契約も!乗り換えも!インターネット選びをまるごとサポート!
100種類以上の中から一番安いプランをご紹介+【光コラボ比較ナビ】

不動産(賃貸)
スポンサーリンク
\この記事をシェアする/
たまさんをフォローする
スポンサーリンク
たまさんマネー
タイトルとURLをコピーしました