【元社員が語る】家賃の目安は手取り給料の30%以下にせよ!

スポンサーリンク

【元社員が語る】家賃の目安は手取り給料の30%以下にせよ!

みなさん、こんにちは!

たまさんマネーのたまさん(@tamasan_money)です!

今回のテーマは『家賃は給料に対していくらが適正なのか』です。

結論から言うと

 

家賃は手取り給料の30%以下

 

これが筆者の考える適正家賃目安です。

それでは、さっそく解説していきます。

スポンサーリンク

入居審査が通る目安は月収の3分の1までの家賃

不動産屋さんで、入居審査の目安を聞くと

『月収の3分の1』

または

『年収の3分の1』までが限度と説明を受けます。

ここでいう収入は保険料などを差し引かれる前の『総収入』を指します。

月収で考えてみると以下の表の金額が上限(目安)になります。

月収入居審査に通る上限(目安)
15万円4.5万円
18万円5.4万円
20万円6.0万円
22万円6.6万円
25万円7.5万円
30万円9.0万円
35万円10.5万円
40万円12.0万円

自分の借りようとしていた家賃と審査通過する上限家賃に差はありましたか?

自分と収入と比べて高い金額のお部屋を借りようとしていたのであれば、無謀な契約といえるでしょう。

収入が高くなればなるほど、使える金額が大きいのでやりくりすれば生活ができてしまうと思います。

しかし、その分ほかの支出が圧迫されて貯蓄が少なくなってしまうしわ寄せがでてきます。

筆者は、貯蓄や投資に回すお金を減らしてまで家賃を高くするのはおすすめできません。

貯蓄や投資も必要経費として考えるべきです。

スポンサーリンク

審査が通ること=余裕のある家賃の金額、ではない

家賃 設定

さて、ここまで入居審査を通過する上限金額の目安を確認してきました。

ここで、あなたに質問です。

審査に通過する家賃の上限と余裕をもって生活できる家賃上限がイコールだと思いますか?

 

答えはNOです。

 

不動産屋やネット上でも総収入の30%を上限に検討しましょうと説明することが多いと思いますが、それはあくまで審査が通る上限金額の目安です。

審査が通るから安心な家賃設定という思考は非常に危険だと筆者は多くのお客さんをみて感じました。

不動産屋さんも、保障会社も、大家さんもお部屋を借りてからの貯蓄や生活費のゆとりまでを考慮して審査結果をだしているわけではありません。

自分で、

お部屋を借りる初期費用がいくらかかるのか?

引っ越し代はいくらかかるのか?

引っ越しに伴って必要になる家具家電は総額いくらになるのか?

光熱費は?

毎月支払いをして生活していけるのか?

貯蓄は?

賃貸物件の更新料は?

その他諸々の経費を考えなければいけません。

自分の支払う家賃の上限設定を他人任せにするのはやめましょう!

人によって価値観や、生活の質は変わります。

審査が通ればいいではなく、自分でシュミレーションを具体的にしてしっかりと家賃の上限額を自分で設定することで入居後もスムーズに賃貸生活が営めます。

スポンサーリンク

【参考意見】筆者の家賃に対する考え方

たまさん

筆者の考えとしては、家賃貧乏になるのはばからしいという考えを持っています。

元不動産会社の社員であったのにおかしいのか、業界にいたからこそ現実的になってしまったのか…(笑)

特に一人暮らしの場合は、仕事をして1週間のうち家にいる時間はそんなに長いものではありません。

そこに時間をかけるなら将来のために貯蓄や貯金をしたり、趣味にお金を使うほうが有意義だと割り切って、ある程度の物件で妥協をしています。

一人暮らしのときは、手取り家賃の25%程度の家賃で抑えていました。

スポンサーリンク

家賃は手取り月収の30%以内にして余裕を持たせよう!

基本は自分でシュミレーションをして、自分でしっかり余裕のある家賃設定するのが一番です。

しかし、ある程度余裕のもてる目安として設定するのであれば筆者は、

手取り月収の30%以内

をひとつの基準として考えてシュミレーションした結果と比べてみてください。

この基準であれば、おおよそ無理な家賃設定なく借りられる人が多いはずです。

ポイントは『以内』です。

よっぽどこだわりがないのであれば30%よりも低い家賃で設定したほうが余裕が作れます。

手取り月収手取り月収の30%以内(上限目安)
12万円3.6万円
15万円4.5万円
18万円5.4万円
20万円6.0万円
22万円6.6万円
25万円7.5万円
30万円9.0万円
35万円10.5万円
40万円12.0万円
スポンサーリンク

毎月の支払の中でも家賃は大きな割合を占める

読書の時間

ここまでお話ししたように、家賃は毎月の出費の中でも大きなウエイトを占めます。

お部屋を借りる前にしっかりと自分の生活をシュミレーションして、無理のない家賃のお部屋を借りるようにしましょう。

お部屋をみていくと段々と基準が上がっていき、自分が当初予定していた金額よりも高い家賃で契約してしまいがちです。

条件は優先順位をつけながら家賃を上げる行為は最終手段にするようにしてください。

キャッシュバック賃貸 は入居が決まると必ず入居祝い金としてお金をキャッシュバックしてもらえるサイトで少しでもお金を浮かせることができるのでおすすめのサイトです。

有名ポータルサイトに掲載されている物件も対象になっているのでこちらを通すと引っ越し費用が節約できます!

もし忙しかったり、遠方で不動産屋さんを回れない方は、オンラインで接客提案をしてくれるiettyが便利です。

活用してみてください。

それでは、また!

不動産(賃貸)
スポンサーリンク
\この記事をシェアする/
たまさんをフォローする
スポンサーリンク
たまさんマネー
タイトルとURLをコピーしました