敷金・礼金とは?それぞれの特徴と注意点を元不動産屋が語る!

スポンサーリンク

敷金・礼金とは? それぞれの特徴と注意点を元不動産屋が語る!

みなさん、こんにちは!

たまさんマネーのたまさん(@tamasan_money)です!

引っ越しを検討していてSuumo(スーモ)、アットホームなどのポータルサイトで物件を眺めていると『敷金』『礼金』という言葉を目にすると思います。

お金を当たり前のように初期費用として払ってしまいがちですが、

あなたは、ちゃんと『敷金』『礼金』がどうのようなものか理解できていますか?

賃貸物件を契約するときには何十万円という大金を支払います。

払う項目に関してしっかり理解して、納得した上で契約をするようにしましょう。

退去時になってから「こんなつもりじゃなかった!」

なんてことになっても、契約をした以上は自己責任になってしまいます。

この記事では、元不動産会社勤務の筆者が、『敷金』『礼金』にスポットを当てて説明をしています。

この記事で理解できること

・敷金と礼金の意味と違い

・敷金の清算と注意点

・知らないと損をする「償却」という契約内容

 

スポンサーリンク

敷金・礼金とは

お部屋(賃貸)

敷金とは

敷金は、退去時の原状回復費用や、万が一家賃などが払えなかった場合に備えた預け金です。

支払ってしまったお金ではなく、契約期間中に預けているお金になるので基本的には必要経費を除いた残額は契約終了後に返金されます。

相場は1~2ヵ月です。

礼金とは

礼金は、敷金と違ってオーナーさんに「よろしくお願いします」というお礼のお金です。

支払ってしまうものなので、返金はありません。

戦後住宅が不足していた時代があったり、大学生が下宿やアパートに息子を住まわすときに親が大家さんに「よろしくお願いします」という意味で支払っていた風習が残っているものです。

働いていた側の人間ですが、礼金はほんといらない古臭い風習だと思っています。

うまく大家さんと不動産屋がある意味うまく活用している側面があり、入居者からしたらなんのメリットもありません。

 

ちなみに、私が引っ越しをするときはどんなにいい物件でも礼金があるところは見学もしないです(笑)

依然よりも礼金は減ってきてはいますが、人気のエリア・地域の風習・強気の設定をしても決まるような唯一無二な物件では、まだ2ヵ月で設定しているところもあります。

支払うにしても、0.5ヵ月~1ヵ月の礼金くらいまでが限度とすることをおすすめします!

その分、家賃が安い場合もあるので一概にどうといえるものではありませんが、

少なくとも『礼金』がどういうものか理解をして支払うようにしましょう!

敷金と礼金の違い

簡単にまとめると、

【敷金】

預け金。原則返金されるお金だが、原状回復で自己負担分は引かれる。足りない場合は追加で支払う可能性もある。

【礼金】

入居時に、大家さんに「お礼」として支払うものなので返金されない。

となります。

次の項目では敷金の清算についてもう少し具体的に説明をしていきます。

スポンサーリンク

敷金の清算のタイミングと返金について

敷金の清算のタイミングは退去時です。

最後に空になったお部屋を不動産会社の方と一緒に、どちらが費用を負担をするのかをチェックします。

敷金から借りている人が負担する費用を差し引いた残りの金額については、目安として1ヵ月以内には返金されます(契約によって変わる)。

その場で、現金精算するわけではないのであてにしないようにしましょう(笑)

スポンサーリンク

原状回復費用ってどんな時に負担しなきゃいけないの?

お金

入居者が負担しなくていいもの

普通に住んでいて当然起きるような汚れは借りていた人が費用負担しなくていいことになっています。

【例】

  • 家具家電を置くことで起きるへこみ
  • 床や壁の日焼け
  • 画鋲の穴(下地ボードの交換が必要のない範囲) etc

 

入居者が負担しなくてはならないもの

当然、故意・過失の損害は住んでいた人が責任をもって負担しなければなりません。

【例】

  • ペットや家具家電の移動などで傷つけてしまった壁や床や柱
  • たばこによる壁紙の黄ばみ、匂い
  • その他故意、過失、整備不良による故障
  • 特約など契約書に定められたもの etc

 

賃貸物件でペットを飼うときは傷つく可能性が高いので、敷金+1ヵ月という物件がほとんどです。それだけ、敷金から引かれる金額も大きくなるので注意しましょう。

あとは最悪なのはたばこ!

賃貸なら絶対室内でたばこを吸わないほうがいいです。

壁紙の黄ばみや匂いのしみつきなんて部分的なものではなくて、お部屋単位に影響がでます。

壁紙全張替え、場合によってはCF交換、部屋の消臭などかなり高額な金額を請求されることに…。

あとは、掃除をしない、異常があっても対処をしないで悪化してしまった設備も請求される可能性があります。入居中になにかあればすぐに管理会社に連絡をいれましょう!

特約には注意!!

それ以外にも契約書には特約がある場合が多いです。

原則は費用負担のないものでも、特約や契約書の項目に書かれていてサインをすれば払う義務が生じます。

契約書をちゃんと確認しない人も多いですが、必ず細かいところまで確認するようにしてください!

一番多いのが、お部屋のクリーニング費用です。これはほぼあるといって間違いない特約です。筆者が働いていたエリアでは、ほぼすべての物件に設定されていました。

これは避けようがないのが現状です。

契約書に書いてある場合は、金額を確認しましょう。ちなみに、当然お部屋の広さ(㎡)によって変わりましが間取りごとに目安金額の一覧を載せておきます。

【クリーニング費用目安】

間取り目安金額
ワンルーム・1K20,000~30,000円
1DK・1LDK30,000~40,000円
2DK・2LDK30,000~70,000円
3DK・3LDK50,000~85,000円
4DK・4LDK70,000~100,000円

 

これ以外にも、費用負担についての特約や負担した場合の金額について契約書に掲載されていれば必ず確認をするようにしましょう。

敷金が足りない場合は追加で支払う場合も

故意過失で大きな破損や汚れがあった場合は、預けていた敷金では足りない場合も当然あります。

その場合、敷金を超える部分を追加で請求されることもあるので住むときはしっかり掃除やメンテナンスをしましょう!

 

スポンサーリンク

原状回復で困ったとき国土交通省のガイドラインを確認してみよう

デスク

退去時は一番トラブルが起きるポイントです。

そのため、国土交通省が「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」をだしています。

できれば、事前に目を通しておくとよいでしょう。

国土交通省ガイドライン 引用
 
<利用にあたって>
[1]  このガイドラインは、賃料が市場家賃程度の民間賃貸住宅を想定しています。
[2]  このガイドラインは、賃貸借契約締結時において参考にしていただくものです。
[3]  現在、既に賃貸借契約を締結されている方は、一応、現在の契約書が有効なものと考えられますので、契約内容に沿った取扱いが原則ですが、契約書の条文があいまいな場合や、契約締結時に何らかの問題があるような場合は、このガイドラインを参考にしながら話し合いをして下さい。
 

○トラブルを未然に防止するために

 

原状回復の問題は、賃貸借契約の「出口」すなわち退去時の問題と捉えられがちですが、これを「入口」すなわち入居時の問題と捉え、入退去時における損耗等の有無など物件の状況をよく確認しておくことや、契約締結時において、原状回復などの契約条件を当事者双方がよく確認し、納得したうえで契約を締結するなどの対策を的確にとることが、トラブルを未然に防止するためには有効であると考えられます。

 

 
 

あくまで契約内容に沿って判断するのが基本になりますので、やはり契約書にサインする前にしっかり確認することが大切です。

入居時に写真を撮っておくのも有効な対応だと思います。

スポンサーリンク

注意!敷金が『償却』になっていないかしっかり確認しよう

これも契約書で確認してほしいポイントです。

以外にこれは不動産会社もしっかり説明しない会社もあります。

敷金が『償却』となっていた場合は、「返金はない」ということです!

契約直前にこれを説明されるパターンが多いです。

退去時の敷金が気になる人はお部屋を申し込むときに不動産屋さんに確認してもらうとよいでしょう。

ちょっと、業者っぽくみられるかもしれませんが(笑)

あとはペット飼育の場合は、償却設定になっていることが多いので頭に入れておきましょう。

スポンサーリンク

さいごに

読書の時間

いかがだったでしょうか?

お部屋を借りる行為は、人生を大きく左右する買い物です。

なんとなく契約せずに、しっかり確認・理解したうえで契約をしましょう。

敷金・礼金以外にも費用はかかるし、更新のときにもお金はかかります。

それを見越して、生活が苦しくならない家賃で抑えましょう。

 

お部屋探しならキャッシュバック賃貸DOOR賃貸がおすすめです!

スーモなどの大手サイトの物件も網羅しているので、キャッシュバック賃貸DOOR賃貸を通して問い合わせをしてお部屋が決まればお金がキャッシュバックされて引っ越し代に充てることができます!

素敵な物件がみつかることを祈っております。

それでは、また!

嵐のような電話攻撃を受けない引越し見積もりサイト【引越しラクっとNAVI】

おすすめ賃貸物件検索サイト比較&ランキング【元不動産屋が選ぶ】
元不動産屋が選ぶおすすめ賃貸物件検索サイトをベスト3で発表。『効率良く』『お得』に借りる方法が一発でわかります。スーモや各企業の物件をまとめてネット検索する方法、そしてキャッシュバックを受ける裏技を公開!
【まとめ】元社員が教える引っ越しするときの住所変更・手続きリスト
元不動産会社勤務の筆者がまとめた引っ越しの手続き・住所変更リスト、一覧です。意外に忘れてしまう多くの手続き。スムーズな生活をスタートさせるためにも準備・確認をしておきましょう。
賃貸物件(アパート・マンション)の初期費用はいくらかかる?
元業界経験者ブロガーが、お客さん目線で裏話・節約術を語ります。賃貸マンション・アパートの初期費用がいくらかかるのか、なんの費用がかかるのか、どのあたりを交渉していいのか、そんな疑問を解決することができる記事になっています。
賃貸アパート・マンションの更新料は払わないといけないの?
賃貸マンション・アパートの更新料について、元不動産会社勤務の筆者が簡単な言葉で説明します。更新料とは何か。地域によって違いがあるのか。支払いは義務なのか。判例は?いくらかかるのか。具体的なアドバイスも。
不動産(賃貸)
スポンサーリンク
\この記事をシェアする/
たまさんをフォローする
スポンサーリンク
たまさんマネー
タイトルとURLをコピーしました