つみたてNISA 投資実績報告 2019年6月(6ヶ月目)

スポンサーリンク

 

みなさん、こんにちは!

たまさんマネーのたまさん(@tamasan_money)です!

令和元年6月も終わり6回目の報告をしたいと思います。

ん?遅いって?

もう7月17日…。ブログの更新もさぼってしまっていてダメですね。

無理ない範囲で継続という気持ちの弱さがモロにでていますね。反省(笑)

ともあれ、1月から始めたつみたてNISAのインデックス投資は毎日少しずつ積み立てています。

 

何事も『継続は力なり』。

そして『言うは易く行うは難し』。

 

鋭利なブーメランが筆者に刺さっています。

気を取り直していきましょう。

スポンサーリンク

インデックス投資の実践報告記事ってなに?

初心者がつみたてNISAを使って長期・分散・積立投資を20年間続けたらお金はどのように変化するのか。そんな企画記事になります。

投資を検討している初心者の方の参考・反面教師になればうれしいです。

さて遂に、6回目(6ヵ月目)の報告になります。

【先月の報告はこちら】

スポンサーリンク

筆者はなんで投資の結果を公開しているの?

デスク

30代のしがない会社員が、会社の給与だけではお金が貯まらないことを悟り、将来が不安になってお金の本を読み漁っていました。

その中で、投資信託のインデックスファンドに長期・分散・積立投資をする投資法が初心者にはぴったりだと感じて、非課税制度の『つみたてNISA』を利用して投資を始めました。

 

お金を働かせる

 

お金に対する知識がある人ほどこれをしっかり実践しています。

独身でもお金を働かせることで共働きができるのです!(涙)

とはいえ、投資って怖くないですか?

興味があっても、そういった理由でチャレンジできていないという人が多いのではないでしょうか。

私もずっと興味はあってもチャレンジすることはなく、気づいたら30代になってしまいました…

そんな私と同じように悩んでいる人に向けて、実際にお金がどのように変化していくのか。

筆者が身をもって体験して数字を公開することで、参考or反面教師にしてもらおう!というシリーズ企画です。

  • 元手0円からスタート
  • 毎月約30,000円を毎月必ず積み立て(つみたてNISA上限額)
  • 長期間(10年~20年)解約せずに続ける

すごく庶民的なレベルで投資をしているので、初心者には参考になるのではないでしょうか。

物凄い金額を運用しているブロガーさんもいます。だけどレベルが高すぎてなかなか自分に置き換えてイメージできない、そんな方にはおすすめです(笑)

いきなり頂上を目指すのではなくて、確実に一歩一歩積み重ねることに集中しましょう。

その積み重ねが、大きな結果に辿り着くただ一つの方法だと大好きなイチロー選手も言っていました。

人と比べて劣等感を感じていても、何も生まれません。

恥ずかしくても、ちゃっちくても自分なりにコツコツ継続していきます。行動あるのみです!

つみたてNISAなら100円から投資できるので自分なりのペースでも、やってみることが大事です。

さぁ、前置きが長くなりましたが、報告していきたいと思います。

スポンサーリンク

つみたてNISA 投資実践報告6ヵ月目

つみたてNISA 実践報告6月つみたてNISA実践報告6月

ご覧のような結果になりました。

200,723円投資をして+4,132円の含み益となりました。

 

投資を始めてから右肩上がりに上がってきましたが、先月全体的に数字が落ちて初めて元本割れを経験しました(約-4,000円)。

 

20年間のうちのまだ6ヵ月。逆に入口の部分では安く仕込んでいきたいので下がるのは大歓迎です。

ピンチはチャンスに

チャンスはチャンスに(笑)

とにかく長期保有をすると決めたら短期間の数字だけみて、退場しないことが大切です。

私のリスク許容度は99%です(笑)

数ある書籍にあるように長期間投資をすれば資産は増えていくのか実験台になっていきたいと思います。

参考&反面教師にしてください。

更新もっと頑張ります!

スポンサーリンク

つみたてNISAの始め方

まずは、下記にアクセスをして証券口座の開設が必要になります。

SBI証券の開設はネクシィーズトレードへ

その証券口座の中に、つみたてNISAの枠をさらに追加するという手続きになります。

金融機関でもつみたてNISAはできますが、商品が少なかったり、手数料が高い商品が多いためおすすめできません。

SBI証券や楽天証券のようなネット証券であれば低コストな商品を簡単に検索して購入することができます!

たとえ1%でも長期間投資を続けるとかなり大きな金額差になりますので細かいと思わずにしっかりと選びましょう。

1000万円の1%は10万円ですからね…。

SBI証券や楽天証券であればまず困ることはないはずなのでこれを機会に口座開設してみてはいかがでしょうか。

それでは、また!

投資実績報告
スポンサーリンク
\この記事をシェアする/
たまさんをフォローする
スポンサーリンク
たまさんマネー
タイトルとURLをコピーしました